宅建パス

宅建受験者のための解説ブログ(民法改正対応済)

【スポンサーリンク】

【2020年・令和二年】宅建試験の日程 & 概要

まだ正式決定はしていませんが、以下が令和二年度の宅建試験の概要となります。

正式なスケジュールについては、2020年6月5日に官報公告されます。

申込み期間

インターネットの場合

令和2年7月1日(水)09:30~7月15日(水)21:59

※支払いはクレジットカード、またはコンビニ支払いのいずれかを選択

郵送の場合

令和2年7月1日(水)~7月31日(金)

※支払いは郵便局〈ゆうちょ銀行〉のATM、または貯金窓口・ゆうちょ銀行以外の銀行窓口のいずれかを選択

試験概要

試験日(予定)

令和2年10月18日(日):13:00~15:00

試験会場

全国で47都道府県単位で実施

※原則は住んでいる(住民票登録のある)都道府県で受験となる

※例外で学生や単身赴任の場合は、例外的に住民票登録がない場所でも受験可能

受験手数料

 7,000円(消費税及び地方消費税は非課税)

※一度振り込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き、返還されない

試験出題範囲

全50問が出題、以下は科目毎の詳細となります。

  • 民法等:14問
  • 宅建業法:20問
  • 法令上の制限:8問
  • その他関連知識:8問

合格点は直近5年間の傾向によれば、31問~37問でした。

70%の正答では不合格となる可能性もあり、75%以上を目指しましょう。

試験当日の持ち物

  1. 受験票
  2. 黒鉛筆又はシャープペンシル(BかHB)※それ以外の解答は無効
  3. プラスチック製の消しゴム
  4. 鉛筆削り※任意
  5. 腕時計※置時計等はNG

合否発表(予定)

令和2年12月2日(水)

※合格者には、不動産適正取引推進機構から「簡易書留郵便」で合格証書等を発送されます

 

より詳しく情報を確認したい方は、以下を御覧ください👇

一般財団法人 不動産適正取引推進機構 | 宅建試験 | 宅建試験のスケジュール