宅建パス

宅建受験者のための解説ブログ(民法改正対応済)

【スポンサーリンク】

民法

意思表示(心裡留保)について|宅建試験

心裡留保の定義 真意とは異なる意思表示をする場合のことをいいます。簡単に言うと、嘘や冗談で契約することです。

意思表示(脅迫)について|宅建試験

脅迫の定義 相手方を脅して契約を締結させる行為をいいます。

保証債務について|宅建試験

保証債務とは 主たる債務者の債務を、保証人が代わりに履行することをいいます。

意思表示(詐欺)について|宅建試験

詐欺の定義 相手方を騙して契約を締結させる行為をいいます。宅建では、実務に基づき不動産(建物や土地)の取引での詐欺について、問われています。

連帯債務について|宅建試験

債権者に対して、債務者がそれぞれ独立して、同一の債務を全部弁済しなければならない債務関係のことをいいます。

制限行為能力者(被補助人)について|宅建試験

被補助人の定義 精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な者を指します。

制限行為能力者(被保佐人)について|宅建試験

被補佐人の定義 精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分な者を指します。

制限行為能力者(成年被後見人)について|宅建試験

成年被後見人の定義 精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況(常にまったくない状況)にある者を指します。

制限行為能力者(未成年者)について|宅建試験

未成年者の定義 年齢が20歳未満の者を指します。

自分振出しの小切手・銀行の自己宛小切手について|宅建試験

自分振出しの小切手とは 自分(自己)名義の口座から振出される小切手で、支払いの確実性はありません。